カテゴリ

Proxmox VE

Send to Kindle

ProxmoxVE をデスクトップPCとしてインストールしてみたので、その時の手順のメモ。

参考) http://pve.proxmox.com/wiki/Developer_Workstations_with_Proxmox_VE_and_X11 など

ProxmoxVEについて

Debianベースで、KVMによる完全仮想化とOpenVZのOS仮想化両方の仮想サーバを同時利用できる環境です。
Webインターフェイスの管理画面でほとんどの作業を完結でき、バックアップなども取得可能です。
クラスタも可能、ライブマイグレーション可能。
オープンソースで、Wikiのドキュメントも結構情報量が多く、有償サポートもあります。

ちなみにOpenVZはレンタルサーバ系のVPS環境として利用していることも多い Parallels 社の Virtuozzo という製品のオープンソース版で、無償で利用可能です。

基本方針

素のProxmoxVEにGUI環境をインストールし、KVMでWindows環境を構築。
デスクトップ環境にLXDE、リモートデスクトップクライアントに Gnome-RDP を利用し、Windows環境はRDP接続で利用する。
Gnome-RDPフルスクリーンで接続すると普段使いには違和感ないはず。
※Gnome-RDPフルスクリーンからLXDE側に戻るためには Ctrl+Alt+Enter らしい(未検証)。

事前準備

今回は、 http://c-nergy.be/blog/?p=897 を参考にBootUSBメモリを作成し、それを使ってインストールしました。

[追記 2012.04.24. 重要] インストールするPCのBIOSでCPUの仮想化支援を有効にしておく必要があります。
無効な場合、ProxmoxVEのインストールは完了しますが、KVMの仮想サーバを立てる時点で失敗します。
→ そもそもKVMが起動しないため。OpenVZは動くかも。

※追記するということは、これでひっかかったから。。。
[/追記]

ProxmoxVEのインストール

上で用意したBootUSBメモリから起動できれば、後はIPアドレスなどの設定を行うだけであっという間に終わります。
HDDのパーティション設定すら決めうちで自動化されています。
ので、詳細は省略。

終わるとWebアクセス用のURLを教えてくれながらコンソール画面が起動します。

パッケージの追加

[追記 2012.04.24.] 下記で紹介するパッケージをそのまま全てインストールする場合は下記の手順。

[/追記]
aptitude リポジトリの設定と、各パッケージの最新版の取得・インストール
http://pve.proxmox.com/wiki/Developer_Workstations_with_Proxmox_VE_and_X11 を参考に下記を行う。

上記URLの Adapt your sources.list に従い、 /etc/apt/sources.list のリポジトリ設定に non-free を追記。
aptitude ( Redhat/CentOS 系の yum みたいなパッケージ管理ツール)を利用してアップデートする。

ここまでで、既にインストールされているパッケージを最新版にすることまでが完了。

ロケールの日本語化
参考) http://wiki.debian.org/JapaneseEnvironment

まず日本語フォントの導入。他にもフォントはあります。

下記のコマンドで ja_JP.UTF-8 を有効にしデフォルトとすることで日本語化できます。

Java、Javaプラグインのインストール
ブラウザ環境からProxmoxVEの管理ページを操作するために Java プラグインが必要なためJavaのインストールを行う。
[追記 2012.04.26.] 以下の部分、さざなみフォントや東風フォントを入れていれば、不要でした。
/etc/java-6-sun/fontconfig.properties の内容が影響している(?)
[/追記]
ブラウザ環境でJavaプラグインを利用する際に、このままでは日本語が文字化けするため、日本語フォントのインストールとJavaへのフォントの設定を行う。
参考) http://d.hatena.ne.jp/a020265/20100418/1271575367

LXDEとiceweaselのインストール

iceweasel は debian版の Firefox。
ここまででデスクトップ環境のインストールは完成。
再起動するとGUIログインになるはず。
再起動しなくとも startx でGUIが起動する(はず)。

日本語入力環境(IME)の設定

でよかったかな。

Gnome-RDPのインストール

Gnome-RDPは RDP といいながらも同時にVNC・SSHを扱えるクライアントツール。
ほぼすべてのリモート管理環境を1つのクライアントソフトで統合管理可能。

[追記 2012.05.16.] RDPクライアントには、freerdp を利用するのもあり。
実行コマンドは xfreerdp
オプションはrdesktopと似ているが、要確認。
http://nori-tsukudani.blogspot.jp/2012/02/freerdp.html あたりが参考になりました。
[/追記]

思い出しつつなので忘れている手順もあるかもしれませんが、おおむねこの手順で完成したと思います。

[追記 2012.04.24.]
クラスター(HA)について
参考) http://pve.proxmox.com/wiki/Proxmox_VE_2.0_Cluster

HAについてはこちら http://pve.proxmox.com/wiki/High_Availability_Cluster

[/追記]

コメント