カテゴリ

ドメイン・DNS

Send to Kindle

DNS浸透言ってるところと言っていないところ【レンタルサーバ編】 http://d.hatena.ne.jp/ohesotori/20180513/1526226732 に触発され、こう説明してあればいいのに、と思った例。

DNS権威サーバ管理者向け

新たに設定したレコードが利用されるようになるタイミングは、エンドユーザーの環境によります。
正しく設定変更されている場合、仕様上は設定変更前に設定されていたTTLを上限にDNSキャッシュサーバにより旧データがキャッシュされているためそのキャッシュが期限を迎え、改めて問い合わせが発生することにより新しく設定したレコードが利用されます。

権威サーバに正しく設定されているかどうかは dig コマンドなどを利用し、その権威サーバに直接問い合わせを発行することで確認できます。

サービス利用者向け

新たに設定したレコードが利用されるようになるタイミングは、エンドユーザーの環境によります。
設定変更前に設定されていたTTLを超えても設定後のレコードが利用できない場合は、お使いのDNSキャッシュサーバの管理者へお問い合わせください。

自分が利用しているDNS名前解決のフローを把握している人向け

キャッシュ削除するなどして改めて名前解決を行なってください。


こんなんじゃどうでしょうかね。

参考

DNSサーバの変更の際の手順。

コメント